住宅設備の性能は低くていい理由

住宅設備の性能は低くていい理由

こんにちはー!!

R+house大仙の田村です♪

家づくりでおさえるべき、住宅の性能ってなんでしょう??

①床を暖かくする床暖房だったり!?
②大きなソーラーパネルだったり!?
③冷暖房設備の性能でしょうか??

これからは人生100年時代、
住宅のどこの性能にこだわって、
どこに予算をそそぐのか、
それによって40年後、50年後の未来が
決まります。

この記事では、住宅設備の性能は低くていい理由を解説しますので、
これからの家づくりで重要視するべきことがわかると思います♪

「子供の健康に良い家を建てたいがよく分からない!」
「高気密高断熱って聞いたことはあるけどよく分からない!」
そんな方に届くことを願って書いていきます!
それではよろしくお願いいたします(^^)

さっそくなんですが、
結論から申し上げますと、
家づくりにおいて非常に大切な性能は、、、、


です(^^)!

ちゃんと丁寧に申し上げますと、
壁、基礎、屋根性能です!

さらに細かくすると、
壁・窓の断熱性能
基礎断熱の性能
屋根断熱の性能
(この断熱性能を数値で表したのがUA値

そして家全体の隙間面積
(隙間の量を数値でC値)です!

これらを踏まえてまとめると、
「おうちの中と外の境界線の性能」です!
これが非常に重要なんです。

例えば、

①床暖房は、
ヒヤッとする床を暖めるための設備です。
つまり、床が冷えることの裏返しなんです(*_*)

②大きなソーラーパネルは、
光熱費がたくさんかかることの裏返しです(*_*)

③過剰な冷暖房設備が必要なのは、
夏暑く冬寒いからです(*_*)

では、「おうちの中と外の境界線の性能」
これを上げるとどうなるのか??

①基礎の断熱性能が高いので、床下が冷えません!
床下もおうちの中と同じ空間ですので、
床が冷えません。

②魔法瓶のような壁の高断熱性能により、
家全体をエアコン1台でほぼまかなえますので、
長期での光熱費の差が凄いことに!

③魔法瓶性能に加えて、
家の隙間が極端に少なく、
まるで魔法瓶にしっかり蓋がされた状態です。
エアコンなどをガンガンに使わなくても、
夏は涼しく、冬は暖かいです♪

UA値(断熱性能:数値が低いほど高性能)、
C値(隙間面積:数値が低いほど高性能)

この、建ててからでは替えがきかない
「おうちの中と外の境界線の性能」
を充実させることで、
40年、50年間でかかる住宅の設備の予算は大幅に減りますよね!!

具体的なUA値、C値の数値の基準や、
その数値の満たし方など、
「後悔しないための賢い家づくりの勉強会」
中立の立場の講師が詳しくお伝えしています!

直近ですと大仙市美郷町地域では
3月21日、4月25日に開催予定です!
ぜひ、お気軽にご参加ください!
チラシ校正.png
詳しくはこちら
最後にイベントの宣伝になってしまいましたが笑
少しでも地域のお役に立てていたら嬉しいです!
ここまで読んでくださり、
ありがとうございます!!(^^)♪