何もしないのが、何よりもリスクな秋田の実家のこと。

何もしないのが、何よりもリスクな秋田の実家のこと。

こんにちは!
たむらです(^^)!

いつもお世話になっている
業者さんから相談がありました。

内容は、今後の空き家の扱い方について。
4526044_s.jpg
今回の記事は、
「自分は会社そばの賃貸に住んでいて、実家に誰も住んでいない。」
「敷地が広いし部屋もだいぶ多く、維持していく自信がない。」
「実家が空き家になるなんて全然想像してなかった、どうしたらいいかわからない」

こんな感じのお悩みに関して
参考になると思います!
ちなみにわたしは田舎に住んでおり、
業者さんの実家も田舎にありますので、
主に田舎にある空き家についての記事となります。

それでは「空き家」について
確認していきましょう!
まずは法律から(^^)!

空き家の法律

国土交通省空家等対策の推進に関する特別措置法関連情報
このリンク先を読んできてくださいとは
言いません笑

簡単に空き家の法律を解説すると
「特定空き家」のことを指します。

「特定空き家」ってどんな空き家なのかというと、
不衛生であったり、ボロくて危険であったり、
周辺住民から通報されるレベルの空き家です。

「特定空き家」に認定されるとどんなことになるのか?

4791559_s.jpg
固定資産税が3倍〜6倍になったり、
行政からの指導・勧告、解体命令、
従わない場合は解体後に費用の請求

などを受けることがあります。

これ以外にも、
建物が崩れて他人に危害を与えてしまう
危険性もあります。

このように、不衛生で危険な空き家を
保持するというのは、
リスクが大きいとしか言えないですよね。

自分の相続した実家が、
特定空き家になるのは嫌!!
って思いますよね!

ではどうしたら、
だれも住まなくなった実家を救えるのか。

これが結論です。

空き家を資産に

考え方としては、
「特定空き家」という負債になる前に
「価値のある不動産」という資産にする!

ということです!

方法は3つです。

4757314_s.jpg

1.保持
2.売る
3.貸す

1.保持

業者に委託して管理費用を支払って管理する方法、
もしくは自分で維持・管理をしていく方法です。

2.売る

複数の業者から見積をとり、もしくは空き家バンクに登録して売却する。
これができれば正直手っ取り早いです。

3.貸す

需要に合わせてリフォームした後に貸す。
これは成立できたら、資産として非常に活躍します。

[リフォーム費用]を[家賃収入]から5年以内で回収できるくらいが良いとよく言われています。
更に、5年で回収した後はそのまま収入となります。

しかし、この「貸す」が成立しない状態、
つまり借り手がつかないと
単に赤字になってしまうので、
事前の情報収集が非常に重要です。

この3つのいずれか、
もしくは組合せた行動をしない、
何もしないでいたら、
本当に「特定空き家」となってしまいます。

「実家がこれから先、
空き家になってしまうかもしれない、、、。」

そんな方は検討しておく必要があります!
私の実家もいつかは空き家になる
可能性がありますし、周りの友人にも
同じ様な方が多いです。

今後このブログでは、空き家の活用方法、
事例なども紹介していけたらと思っています!

また別の記事でお会いしましょうー!