建築家との打合せ@大仙市須和町モデルハウス3回目でその②【注文住宅】

建築家との打合せ@大仙市須和町モデルハウス3回目でその②【注文住宅】

こんにちは!
R+house大仙の田村です(^^)!

前回に引き続き、
打合せ3回目の内容について、
詳しくお伝えしていきます!

建築家との打合せは全部で3回です。
1回目と2回目、そして3回目その①も
ブログ記事にしておりますので、
良ければそちらを見ていただいてから
ご覧ください(^^)♪
建築家との打合せ@大仙市須和町モデルハウス1回目
建築家との打合せ@大仙市須和町モデルハウス2回目
建築家との打合せ@大仙市須和町モデルハウス3回目でその①

それでは今回は、
打合せ3回目で行った①について
お伝えします。

①前回の打合せでの細かい変更点の確認と確定。
(窓を増やしたり、大きくしたり、減らしたり)

打合せの中で、家の配置を
真上から見て時計回りに少し回転させる
提案があり、メリットが大きいと考え、決定しました。
A06C6F97-B1BC-4860-A34C-CE8939D1493F.PNG

南の3階建てから
窓の距離を取りやすくなり、
吹き抜けに設置する大きい窓は
冬至でも日がしっかり入る計画と
なりました。

東側との空間を取れるとこで、
湿気が溜まりにくくなりました。
南東の庭が、プライベートで
ありながら、より気持ちの良い
空間となる計画です。

ただ、家の配置を回したことで、
玄関の南に向けた大きめの窓が
歩道に向いてしまい、
大きい窓に視線が入ってしまします。
0B867900-08AC-418C-BB75-FED081773786.PNG

そこで窓の計画を見直し、
玄関の南窓を無くし、
代わりに玄関ドアの横をドアと同じサイズの
大きい窓に変更しました。

これにより、玄関までのアプローチでの
閉じた空間と開く空間のメリハリが生まれ、
歩いて玄関前に到達したときの歓迎感、
開放感が生まれます。

庭の雰囲気も良くなり、
道路からは見えにくい場所ですが、
家の中から続くような、
中で開けた空間というような、
開放的な庭の空間が生まれました。

北西側の洗面所の窓ですが、
こちらは大きい植栽により
外からは閉じた場所となりますので、
植栽を中から鑑賞できるように
窓を大きく変更しました。

建物の配置を少し工夫することで、
開放的な空間と、プライベートな空間の
いいところ取りができ、
閉じた空間と開く空間のメリハリにより、
開いた空間の良さが際立つ様な
計画になりました。

この様な流れで窓の大きさや位置を再確認して、
①を行いました。

次回は引き続き打合せの内容をお伝えしていきます。
ここまでご覧いただきありがとうございます。